TATSU(HANDSIGN)のwiki風プロフィール!年齢、本名や動画は?手話ダンスが凄い!


今回は、手話パフォーマーのTATSUさんについてご紹介していきます。

TATSUさんは、幼馴染のSHINGOさんと「HANDSIGN」という男性ボーカル&手話パフォーマーのグループの活動を2005年に開始しました。

その後は新しくメンバーも加入されましたが、その方たちは引退されたりサポートメンバーになられたりしていて、2019年現在はTATSUさんとSHINGOさんのお二人で活動されています。

 

HANDSIGNは、2019年2月15日公開の映画「笑顔の向こうに」の主題歌にも抜擢されたり、TATSUさんが2019年2月6日カラオケバトルに出演されたり、現在とても上り調子です。

しかし、ブレイクするまでは長い道のりがあったようです。

今回は、カラオケバトルに出演されるTATSUさんをメインに、HANDSIGNをご紹介していきます。

 

2019年2月6日のカラオケバトル出演者一覧や、結果についてはこちら↓

Sponsored Links
Sponsored Links

TATSU(HANDSING)のwiki風プロフィール

名前:TATSU(たつ)

生年月日:3月7日

出身地:神奈川県

高校:平塚農業高校

職業:手話パフォーマー、「HANDSIGN」のリーダー。

 

HANDSIGNは、TATSUさんと幼馴染のSHINGOさんの二人で結成されましたが、二人の出会いはなんと小学1年生です。

いつもTATSUさんが「こういうのやらない?」とSHINGOさんを誘う中だったそうです。

二人は、中学生の頃にブレイクダンスに没頭し、高校の頃はチームを組んでブレイクダンスのイベントに出たりしていました。

 

二人の活動はダンスから始まったわけですが、TATSUさんがドラマの「オレンジデイズ」を見て手話に興味を持ち始めました。

「オレンジデイズ」では、柴咲コウさんが聴覚を失った女性を演じているのですが、その女性を支えるために手話を覚える男性を妻夫木聡さんが演じました。

オレンジデイズで手話に興味を持ったTATSUさんは、SHINGOさんを誘い手話ダンスを始めます。

二人は手話ダンスをステージで行うにつれて、「手話かっこいい」から「聞こえない人にも届けよう」という気持ちにだんだんシフトしていったそうです。

Sponsored Links

 

2005年にHANDSIGNは結成されたのですが、2009年に「NYアポロシアターコンテスト」のアマチュアナイトで優勝してからはテレビにもたくさん出るようになりました。

また、その頃からHANDSINGは「歌」にも取り組み始めます。それまでは、手話とダンスだけでした。

 

そしてそれからHANDSIGNは、手話・ダンス・歌をミックスしたエンターテイナーとして活躍されています。

2017年には、実話を元にした「僕は君の耳になる」という曲をYoutubeにアップして、再生回数は100万回を突破!

2018年9月には、ユニバーサルミュージックから「HANDSIGN」でメジャーデビューを果たしています。

そして2019年には、2月15日公開の映画「笑顔の向こうに」の主題歌にHANDSIGNの「ふたりのサイン」が決定しました。

Sponsored Links
Sponsored Links

TATSUの年齢や本名は?

TATSUさんの、年齢や本名が気になる方もいるかと思います。

TATSUさんが手話に目覚めるきっかけとなった、オレンジデイズは2004年に放送されています。

そしてTATSUさん達は、高校の頃はブレイクダンスに熱中していて、その後に手話に目覚めたということでした。

なので、TATSUさんがオレンジデイズを見た年齢は10代後半~20歳ぐらいじゃないかな、と思いました。

だとすると2019年現在の年齢は、30代ぐらいになりますね。もちろん単なる推測ですが…。

 

また、本名に関しては2016年の神奈川新聞の記事で公開されていて、中野達朗さんというお名前でした。

ちなみに、SHINGOさんは小林慎吾さんというお名前だそうです。

その神奈川新聞の記事では、TATSUさんが高校を卒業してから民間企業に就職したことも紹介されていました。

その時期に、TATSUさんはオレンジデイズを見たのでしょうね。

Sponsored Links
Sponsored Links

HANDSIGNの手話パフォーマーの動画

それでは、HANDSIGNの手話パフォーマーの動画をいくつかご紹介します。

まずは、HANDSIGNの曲の中で2019年2月現在一番のヒットとなっている「僕が君の耳になる」です。

この曲は、聞こえない女性と聞こえる男性の恋愛の実話をもとにしたラブソングです。

 

また、実話をもとにした話題作第2段として「この手で奏でるありがとう」という曲も発表されました。

この曲は、耳の聞こえないろう者の家庭に生まれた耳が聞こえる人が、葛藤しながら両親との愛を確かめ合うというストーリーです。

最後まで見たら絶対に泣きますのでぜひ見てください。

Sponsored Links
Sponsored Links

まとめ

手話パフォーマーとして活躍されている「HANDSIGN」について、カラオケバトルに出演されたTATSUさんを中心にご紹介してきました。

TATSUさんは、いろいろなインタビューで、二人の手話パフォーマーへの思いが語られていました。

カラオケバトルでは徳永英明さんの「レイニーブルー」を歌われますが、どんな手話パフォーマーをされるのか楽しみです。

 

2019年2月6日のカラオケバトル出演者一覧や、結果についてはこちら↓

 

Sponsored Links
Sponsored Links