大鶴基成(弁護士)の経歴学歴は?ライブドアと野球賭博の事件と、検察の辞職理由も調査!


日産のゴーン会長が逮捕されて数日経ちますが、まだまだ報道は続きそうですね。

先程、弁護士大鶴基成おおつるもとなり)さんという方がゴーン会長の弁護人に決まったという報道が流れました。

大鶴さんが一体どんな方なのか気になりますよ。

経歴学歴や、イブドア野球賭博事件に関する評判検察を辞職した理由、などを調べてみました。

 

 

↓ゴーン会長の事件の関連記事です↓

 

 

 

追記:

ゴーン被告が1月8日に東京地裁に出廷されました。

大鶴さんはやっぱり浮かない表情に見えましたが…。

詳しくはこちら↓

Sponsored Links
Sponsored Links

大鶴基成の経歴・学歴(大学など)

  • 名前:大鶴基成(おおつるもとなり)
  • 生年月日:1955年3月3日
  • 出身地:大分県佐伯市
  • 大学:東京大学

 

大鶴基成さんは大分県出身ということですが、中学と高校は鹿児島県の名門ラ・サールに進学されています。

中学受験でラ・サールに受かっているということは、子供の頃から勉強家で非常に頭が良かったことが伺えますね。

高校の頃から検察官を目指していて、大学は東京大学法学部に進学されました。

 

東大卒業後は、1980年4月東京地方検察庁の検事に着任されます。

その後は、福岡、大阪釧路、函館といった各地方の検察庁に勤務されました。

2005年に、東京地方検察庁特別捜査部長に就任されますがこの頃に、あのライブドア事件を担当されました。

 

その後は、2011年最高検察庁公判部長まで出世されますが、その年に検察官を退官され弁護士に転向されました。

所属されている弁護士事務所は、サン綜合法律事務所という事務所で、東京都港区にあります。

この事務所は、以下の案件などを扱っているそうです。

  1. 労働事件
  2. 知的財産
  3. コーポレート・ガバナンス
  4. M&A
  5. 不祥事
  6. 金融商品取引法違反
  7. 独占禁止法違反

 

今回のゴーン会長の罪状の中に、金融商品取引法違反がありました。

サン綜合法律事務所の弁護士がゴーン会長の弁護を担当されるのは、道理が通っていますね。

 

大鶴さんはサン綜合法律事務所の弁護士に就任後、2015年野球賭博問題を担当されています。

 

大鶴さんの経歴に関しては、以上のような感じです。

では次に、大鶴さんのライブドア事件と野球賭博事件に関する評判を見ていきたいと思います。

Sponsored Links
Sponsored Links

大鶴基成のライブドア事件(検察官)と野球賭博事件(弁護士)の評判は?

 

大鶴さんはいくつかの大事件を担当されていますが、やっぱり目に着くのはライブドア事件と、野球賭博事件ですね。

この2つの事件に関する大鶴さんの評判を見ていきたいと思います。

 

まず検察官時代のライブドア事件に関してです。

大鶴さんのライブドア事件への取り組みを調べてみると、

大鶴さんはとても正義感が強い。そんな大鶴さんにとって堀江さんのように株などで軽々しく儲けている人は許せなかったようだ。」

といった意見が見受けられました。

 

大鶴さんは、以下の発言をしてマスコミや世間を鼓舞し、その結果検察が有利に捜査を進めていくことになったそうです。

《額に汗して働いている人々や働こうにもリストラされて職を失っている人たち,

法令を遵守して経済活動を行っている企業などが,出し抜かれ,

不公正がまかり通る社会にしてはならないのです。

引用:http://www.asyura2.com/10/senkyo78/msg/931.html

 

このように大鶴さんは非常正義感が強い方のようです。

正義感の強い方と堀江さんだったら、水と油ですよね。

二人の間で激しい対立があったんでしょうね。

ちなみに、堀江さんは今回のゴーン会長の逮捕に関して「やりすぎじゃないの?」という発言をされています。

堀江さんが、大鶴さんのゴーン会長の弁護士就任を、どのように見ているのか気になるところです。

 

 

では次に、野球賭博事件について見ていきましょう。こちらは弁護士転向後に担当された事件です。

ちなみにこの事件には、日本野球機構が設けた特別調査委員会の委員長として携わっています。

野球賭博事件では、読売ジャイアンツの選手が数名、解雇されてしまいましたよね。

大鶴さんに焦点を当ててこの事件を調べてみました所、大鶴さんがしっかりと調査をして選手たちの賭博行為を明らかにされたようです。

やはり元検察官としてのサガがあって、クロはクロとしてちゃんと追求されたんでしょうね。

 

しかし一方で、「事実の解明はかなりのところまで進んだ。八百長の共謀などは今のところ認められない」という発表を会見でされていたようです。

読売ジャイアンツへのダメージを、できるかぎり少なく抑えようとしていたことが伺えますね。

 

大鶴さんは、野球賭博事件の時は、賭博をしてしまった選手の罪をしっかり追求されました。

今回の事件では、明らかに過ちを犯してしまったゴーン会長を、どのように弁護するのか気になるところですね。

Sponsored Links
Sponsored Links

大鶴基成はなぜ検察を辞職?ヤメ検した理由は?

検察から弁護士に転向されたということですが、なぜ転向されたのかも気になりますよね。

調べてみると、政治家の小沢一郎さんの事件が関係しているという説がありました。

真実かはわかりませんが、この説をご紹介します。

 

2009~2010年頃にかけて、小沢さんの秘書政治資金規正法違反で逮捕されたりして、小沢さんも2011年強制起訴されました。

その強制起訴に大鶴さんが関わっていたようです。

もともと大鶴さんは、「初めに筋書きありき」といった取り調べ方法をよくされていたそうです。

大鶴さんは、そういうやり方を小沢さんの件でも進めていき、小沢さんを強制起訴したとされています。

 

しかしその後、「小沢さんの実質的犯罪性はなかったのでは?」という意見が出てきます。

そして、大鶴さんの強引な取り調べに批判が集まっていったようです。

その結果、大鶴さんは検察を辞職し、弁護士に転向することになったということですね。

 

本当に上記の理由で辞職されたのかはわかりませんが、以上の経緯が大鶴さんが弁護士に転向した理由の一説として見つかりました。

正義感の強いことはリスクにもつながってしまうんだなあ、と思いました。

Sponsored Links
Sponsored Links

大鶴基成の娘は?

「大鶴基成」とグーグルに入力すると「娘」とサジェストが出てきたのが気になりました。

もしかして娘さんも優秀な方で有名人なのかな?と思って色々調べましたが、特に情報は見つかりませんでした。

サジェストが出てくるということは検索されているということですから、何か背景があると思いますが…

もし何かわかりましたら追記します。

 

まとめ

ゴーン会長の弁護人に就任された大鶴基成さんについて調べてみました。

とても正義感が強い方のようですが、今回のゴーン会長の行いをどのように弁護するのか気になりますね。

というか大鶴さんの性格的に考えて、「ゴーン会長の行いは許されない」と思っていそうな気がしますが…。

まだまだ続きが気になりますので、引き続きこの事件を追っていきたいと思います。

 

↓ゴーン会長の事件の関連記事です↓

 

 

 

Sponsored Links
Sponsored Links