漫画塔(漫画タワー)は永久閉鎖?アクセスできない理由や管理人は誰?


漫画塔漫画タワー)という新しい違法漫画配信サイトが現れてきたようです。

漫画村へのアクセスの遮断命令を政府が出して、漫画村問題は解決したと思いわれましたが、また現れてくるとは…

しかも漫画塔(漫画タワー)はデザインなどが漫画村と酷似していて、漫画村が復活したものと考えている人もいるようです。

 

追記(10月10日):漫画村の運営者が特定されたというさらに衝撃なニュースが出ました。今出てる情報からいろいろ推測してみました。

 

また違法サイトで漫画がばらまかれるのか…、と思いきや漫画塔にもうアクセスできないという情報が!

閉鎖してしまったのでしょうか?もしそうだとしたら理由は?

それに管理人なのでしょうか?漫画村と同じなのでしょうか?

今回は漫画塔の閉鎖に関する情報を調べてみました。

Sponsored Links

漫画塔(漫画タワー)が登場!漫画村が復活したものなのか?

新たな違法漫画配信サイトとして出現してきた漫画塔。

その漫画塔のことが人々に知られ始めたのは、10月に入ってからです。

ツイッターなどで少しずつその存在が広まっていき、10月8日にヤフーニュースで報道され、公になりました。

 

漫画塔のドメインつまりURLが取得されたのは、whois検索というドメイン情報検索サービスで調べてみると、ドメイン取得日は2018年9月9日だということです。

まだ運営開始されて1ヶ月ほどしかたってないというわけですね。

違法サイトなので絶対にアクセスしないほうがいいですが、ドメインはmangatawa.netというアドレスです。(アクセスされても私は一切責任を取れません。)

私はこの記事を書くために、アクセスしてみようとしたのですが、以下のような表示が出てきました。

「永久閉鎖された」

Sponsored Links

漫画塔(漫画タワー)は永久閉鎖(潰れた)?アクセスできない理由や管理人は誰?

この「永久閉鎖された」という表示のされ方からして漫画塔(漫画タワー)は閉鎖されてしまうということなのでしょうね。

閉鎖の理由として考えられるのは、ヤフーニュースなどで大々的に取り上げられてしまい、漫画塔の管理人がこれ以上ことを大きくしたくなかったということが考えられますね。

ちなみに私は、23時~23時30分ごろに上記の「永久閉鎖された」が表示されたのですが、その少し前はアクセス過多でページが表示できない状態になってしまったようです。

やはりツイッターやヤフーニュースの拡散力は凄まじいですね。たったの1日で日本中に広まってしまうとは…

このアクセス過多で、状況を危惧した管理人が漫画塔を急遽閉鎖したというのが一番ありえそうな理由ですね。

 

それにしても、9月にドメインを取得し10月に入ってからアクセスが来はじめ、10月9日には閉鎖というのはものすごいスピードですね。

影響力が強いと、有名になるまでのスピードも撤退していくスピードも早くなるのでしょう。

漫画塔の管理人が、新たに別のサイトを作ろうとなどしないことを祈ります。

 

漫画等の管理人に関してですが、管理人のアカウントは恐らくこちらのアカウントのようです。

2018年10月に開設された、アカウント名「mangatawa」なるアカウントですが、ツイートしている内容は、

  • 「hello :-)」
  • 「私たちは閉じられ、永遠に閉じたままです」
  • 「永久閉鎖された!!!!」

の3つだけでした。(ちなみに最後のツイートの「永久閉鎖された!!!」は、実際にサイトが閉鎖された時間よりちょっとだけ前にツイートされています。)

 

片言の日本語ですし、現在位置が「Dubai, United Arab Emirates」(ドバイ)と表示されていることからも、日本人ではない可能性もありますよね。

それに、漫画村の管理人はツイッターでは流暢な日本語で出版社とかを煽りまくっていた気がしますが、全然雰囲気が違いますよ。

というわけで現状、漫画塔と漫画村の管理人が同じと考えている人もいますが、別人の可能性もありそうです。

ただ単にキャラ変えただけってこともありえますが…。

新しい情報がわかりましたら追記します。

Sponsored Links

漫画塔(漫画タワー)の永久閉鎖へのネットの反応

Sponsored Links