槇原敬之(マッキー)の薬物入手ルート(経路)は?2020年の逮捕のきっかけの密告や通報者は誰?


歌手の槇原敬之(マッキー)が覚せい剤で逮捕されたというショッキングすぎるニュースが流れていますね。

槇原敬んといえば、1999年にも覚せい剤所持で逮捕されていましたが、約20年後にまた同じ容疑で逮捕されてしまうとは。

あのときの逮捕は今回以上のショッキングさでしたねー。

当時「Hungry Spider」という槇原敬之のファンキーな曲が流行っていましたが、あれも薬でキメていたから作れた曲だったのかも知れません…。

今回の逮捕でまず気になるのが、槇原敬之薬物入手ルート経路)や、逮捕のきっかけの密告通報者は誰なのかが気になるので、調査してみました。

槇原敬之が覚せい剤取締法違反で逮捕(2020年2月13日)

まだ今回のニュースでは、「槇原敬之が逮捕されていたことがわかった。」ということしか報道されていません。

普通だったらもう少し情報が出てから報道が開始すると思いますが、超ビッグニュースなので本当に「速報」になったんでしょうねー。

 

追記:

今回の逮捕は、2018年4月に見つかった覚醒剤が、槇原敬之所持のものである疑いであることがわかったということでした。

この2018年4月に見つかったこの覚醒剤は、その時はある男の逮捕に繋がりました。

次の見出しで詳しくご紹介していきます。

槇原敬之(マッキー)の薬物入手ルート(経路)は?2020年

まだにニュースの報道が始まった直後なのではっきりとした情報は不明ですが、以前の覚醒剤所持で逮捕されたときのニュースから推測してみたいと思います。

1999年のときの逮捕は、槇原敬之は、奥村秀一という槇原敬之のパートナと一緒に逮捕されたのですが、その共通の知人から覚せい剤を入手したということでした。

その共通の知人というのはメディアで詳しく報道されませんでしたが、奥村秀一は結構色々報じられました。

まあ男性同士ということもありますし、そりゃ話題になりますよね。

男性同士でお付き合いをしていて二人一緒に逮捕された薬仲間でもあったというのは、色々衝撃的すぎました。

 

二人は逮捕直後は「パートナー関係を解消する。」といっていたのですが、00年には再び同棲、06年には奥村秀一が槇原敬之の事務所の社長になるという感じで、親しい関係は続きます。

そして驚くべきことに、奥村秀一は、2018年3月にも覚醒剤所持で逮捕されていました!

しかしパートナーを解消していたこともあり、槇原敬之はこの時は容疑はなく逮捕されませんでした。

そこで今回2020年に入っての槇原敬之の逮捕ということになります。

やっぱり前回の逮捕のときと同様に、二人あるいは二人を含めた人間関係の中で覚せい剤が回っていたんではないでしょうかね~。

槇原敬之(マッキー)の逮捕のきっかけの密告や通報者は誰?

となると今回の逮捕のきっかけも、今回の逮捕のきっかけもやはり2018年の奥村秀一の逮捕から、警察が槇原敬之を追っていて証拠がつかめたから、と言う可能性が高そうですね。

2018年のときの奥村秀一の逮捕のきっかけが気になるところですが、その時は槇原敬之というビッグスターが逮捕されたわけでもないので、誰が通報したかは藪の中といった感じです。

奥村秀一は、2018年のときの逮捕では「2013年頃から覚せい剤を使用していた」ということですので、今回の槇原敬之の逮捕で明らかになる真相も、かなり根が深い感じになりそうですね…。

まとめ

槇原敬之が2020年に入って覚醒剤容疑で再び逮捕されるというショッキングなニュースに関して、入手ルート(経路)や密告した通報者に関して調べてみました。

前回の逮捕は20年前なだけに、今回の逮捕は本当に衝撃ですね。

本当に素晴らしい曲をたくさん作っているのに、、、

「流石に2度めは許せない」という人も多そうですが、個人的にはまた今までのように素晴らしい曲を作り続けていったほしいなと思います。