国場幸之助との不倫が疑われた人妻は誰?LINEのやり取り内容・画像は?週刊文春で話題!


自民党の国場幸之助議員が人妻と不倫してLINEでやり取りをしていたのではないかという疑惑が、週刊文春で報道されました。

そしてその内容が非常に「わいせ○」だということで、大きなニュースになりそうです。

中吊り広告などを見てみたところ、まあかなり下ネタっぽいですね。

今回は、国場幸之助議員との不倫を疑われた人妻なのか、そしてLINEのやり取り内容画像について調査します。

追記あり:

週刊文春を読みましたが、かなり国場議員と人妻の方をフォローしている内容でした。

本当に不倫していたのかどうかや、本当に国場議員が送ったLINEなのかを、曖昧にぼやかしていましたね。

詳細はこの記事の最後の方に書きましたので、ぜひご覧ください。

政治家の不倫スキャンダルの関連記事

ワダイダイ

 

 

Sponsored Links

国場議員の幸之助の経歴・プロフィール!

  • 名前:國場幸之助(こくば こうのすけ)
  • 生年月日:1973年1月10日(45歳)
  • 出身地:沖縄県那覇市
  • 学歴:早稲田大学

 

まず初めに、国場議員は「國場組」というゼネコン創業者の一族ということで、めちゃくちゃいいとこのお坊ちゃんであるようです。

國場組は1931年に国場議員のおじいちゃんによって創業された、沖縄県に本社を置く建築・土木会社だとのこと。

政治家の一族ってお金持ちが多いですが、国場議員はその中でも上の方でしょうね。

 

そんな国場議員は高校まで沖縄で育ち、日大文理学部に1浪して入るもギリシャ語で挫折し中退、その後早稲田大学社会学部に入学しました。

さらに早稲田大学卒業後はコロンビア大学に留学されます。

 

国場議員は、帰国後は2000年に沖縄県議会選挙に当選しますが、2003年に県議を辞退して、国政に転向。

何度も衆議院選挙に落ちますが、2012年の衆議院選挙に当選し、その後は当選し続けています。

Sponsored Links

国場幸之助が人妻と不倫!

 自民党の沖縄県連会長を務める国場幸之助衆院議員(45)。

2012年に初当選し、以来3回連続当選の「魔の3回生」である国場氏が、

既婚女性に対し、〈キスしたい〉などのLINEを送っていたことが「週刊文春」の取材で分かった。

引用:http://bunshun.jp/articles/-/9366

 

週刊文春で国場議員の不倫疑惑が報道されたわけですが、まだニュースが出て間もないのに国場議員への呆れる声がたくさん出ていますね。

国場議員は奥さんや3人の子供もいるのに…

今回の報道を奥さんやお子さんはどう思うのでしょうかね…。

 

また、今回の週刊文春の報道では、国場議員のことを「魔の3回生」と読んでいて気になったのでちょっと調べてみました。

「魔の3回生」とは2012年の第46回衆議院議員選挙で初当選した「安倍チルドレン」のことを指すようです。

不祥事を起こすことが多く、選挙のときは100人以上いたのに現在は3割もいないとか。

あの豊田真由子議員も、「魔の3回生」だそうです。

豊田議員もメチャクチャぶっ飛んでいましたが、国場議員も今回の下ネタ全開のLINE内容を見る限りかなりぶっ飛んでいるようですね。

 

というか、国場議員は今年すでに不祥事を起こしているんですよね。

その不祥事は、今年4月29日に那覇市内のガールズバーで起きました。

国場議員がそのお店のスタッフとトラブルになって、更に仲裁に入った男性とトラブルになって暴力沙汰になったそうです。

国場議員は骨折するほどの大怪我をすることになったとか…

そんなことがあって半年もしない内に今回の不倫報道ですから、もう本当に残念ですね。

Sponsored Links

国場幸之助の不倫が疑われた人妻は誰?LINEのやり取り内容・画像は?

まず、不倫が疑われた人妻がどんな方なのか見ていきましょう。

今回告発したのが沖縄県那覇市在住の高橋次郎さん(仮名)ということなので、人妻の方は沖縄在住なのでしょうね。

国場さんは衆議院議員ということで本拠地は東京でしょうから、遠距離恋愛ならぬ遠距離不倫です。

 

週刊文春の報道によれば、高橋次郎さんが知らない間に奥さんが東京に行っていたりしたそうです。

逆に、国場さんがこの奥さんと会うために沖縄に行ったこともあったんでしょうね。

東京と沖縄で行ったり来たりって時間もお金もかかりそう…

実際に週刊文春を読んで、なにか情報がありましたら追記します。

追記

週刊文春(WEB版)読みました。

キャッチャーな記事タイトルに反して、かなり国場議員と不倫を疑われた人妻よりの内容でしたね。

週刊文春では、この不倫した人妻の方を香織ママと呼んでいたので、以下香織ママと書きます。

香織ママは、沖縄那覇市でガールズバーを経営する長澤まさみ似の30代半ばの女性だそうです。

国場議員が数年前に香織ママのお店に入ったことから交流が始まったとのこと。

週刊文春の香織ママへの取材では、「私は国場さんを応援していて、奥さんとも中がいいんです。不倫じゃないです。」と語っていたようです。

週刊文春は香織ママのお父さんにも取材していて、「娘はお店のママをしているからたまにそういうメールのやり取りはある。というか、娘の旦那は娘に手を上げているような男だから…」と言っていたとのこと。

とまあこんな感じで、「不倫しているかどうかわからないが、国場議員はまた騒動を起こされてしまいましたね。」みたいな締めくくりの内容でした。

 

Sponsored Links

では次にLINEの内容を見ていきましょう。

LINEの内容や画像は、不倫されてしまったという高橋次郎さん(仮名)が週刊文春に提供したようですね。

そのLINE内容は、「キスしたい」「スカートがメチャクチャかわいい」「大切な女」といったありがちな口説き文句から、相当みだらな言葉まで並んでいたとのこと。

 

人妻の方は、このLINE内容をどう思っていたんでしょうね~。

やり取りを継続しているので、そこまで気持ち悪く思っていなかったということでしょうが…

熟年になると、男も女も下ネタに抵抗がなくなってしまうということなのかもしれません。

明日早朝に、週刊文春を読んだら詳しい内容を追記します。

追記

週刊文春を呼んだところ、「○イズリしたい」以上にひどい内容は見つかりませんでした。

というか、こちらに関しても高橋次郎さんを疑っているような内容でしたね。本当に国場議員が送ったLINEなのかもわからないとのこと。

実際に週刊文春が入手したのはLINE画像ではなく、それを書き起こしたものだったそうです。

高橋次郎さんによれば、「メールではLINE画像を送信することができなかった。」とのこと。

とまあこんな感じで今回の週刊文春の記事は、「果たして真相は…」みたいな締めくりでした。

 

政治家の不倫スキャンダルの関連記事

ワダイダイ

 

Sponsored Links

国場幸之助の不倫疑惑へのネットの反応

ワダイダイ

 

Sponsored Links